福岡市天神で子供の矯正治療 小児矯正

運営
ひめの矯正歯科「西鉄福岡駅」・地下鉄 「天神」駅 徒歩5分

無料カウンセリング
予約

0120-878-978

受付時間
10:00~19:00
休診日
毎週木曜日・第1,3日曜日

当院の小児矯正

当院の小児矯正

当院の小児矯正

痛くない・怖くない治療

痛くない・怖くない治療

よく「矯正治療は痛い」ということを耳にします。確かに矯正治療は歯を動かすために、それにより痛みをともなうことがあります。
しかし子どもの段階、特に永久歯が生えそろう前の乳歯の段階であれば、お子様の歯やあごの成長に合わせて治療を行うため、矯正装置を用いない場合もあります。

もちろん乳歯から永久歯が生えそろう前のお子様でも、もしくは永久歯が生えそろってからのお子様は、矯正装置を用いた治療を行いますが、大人の方に比べて、子どもの頃はあごの成長スピードや歯の生えてくるスピードに対応しながら、治療ができるので痛みはそこまで大きなものにはなりません。

矯正装置をつけはじめてからの数日間は痛みをともなう事もありますが、すぐに慣れてしまいます。痛みによって矯正の治療をあきらめたお子様は、過去いらっしゃいませんので、安心して治療を開始することができると思います。

また、お子様は歯医者さんや矯正治療に対して分からないことが多く不安を抱えている場合があります。「歯医者さんは怖いところ」と思ってもらわないように、ひめの矯正歯科のスタッフはあたたかい雰囲気作りを行っているとともに、できるだけ「痛みをともなわない治療」、「安心をあたえる治療」を意識して治療にあたっております。

最初が不安と恐怖で顔がひきつっていたお子様が帰る頃には、笑顔で「また来たい!」と言っていただけることも多く、我々も全てのお子様がそのように言っていただけるように毎日取り組みを続けております。

歯医者さんが苦手なお子様の治療について

歯医者さんが苦手なお子様の治療について

歯医者さんが苦手なお子様というのは本当に多くいらっしゃいます。ひめの矯正歯科ではそのようなお子様に“毎回歯医者さんに通うのが楽しい”と思ってもらえるように様々な工夫をしています。
医院の特徴として、明るくて開放的な空間を提供し、お子様用のキッズスペースも併設しております。

また、お子様の治療に対して経験豊富なスタッフが多くおります。お子様に「痛い」や「怖い」と感じさせることなく、密にコミュニケーションをとり、心の距離を近づけながら仲良く治療することを心がけております。

お子様のご両親に対しても小児矯正に関しての知識を正確に分かりやすくお伝えすることはもちろん、スタッフだけでなくご両親がお子様に対して歯医者さんの良いイメージを作って頂くことで、他の歯医者さんでは泣いたり叫んだりしてしまって、なかなか治療にならないお子様でも“笑顔で楽しく治療を受ける”ことができる様になります。

スタッフ・医師・ご両親の三位一体となってお子様の「歯医者さん好き」を作っていくことができる様努力しております。毎月、お子様が飽きずに楽しく来院して頂けるよう色々なイベント事もやっております。

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット

子どものときに矯正治療を行うメリットとしては以下の4つが挙げられます。

虫歯になりにくくなる

歯を抜かずに矯正治療ができる

顔や身体のゆがみを防ぐことが出来る

費用が安くなる

メリット1.虫歯になりにくくなる

歯並びや噛み合わせが悪いと、歯ブラシが行き届きにくい歯の隙間や凸凹に食べかすが挟まったままになり、歯垢がたまりやすくなってしまいます。
そのような状態が続くと虫歯や歯周病になりやすくなり、大切な歯が危険にさらされることになります。矯正治療で歯並びを綺麗に整えることで、食べかすが歯に挟まることもなく、綺麗に歯を磨くことができます。

メリット2.歯を抜かずに矯正治療ができる

歯の大きさと骨格のバランスが悪く、通常では本格的な矯正治療の際に、抜歯(4本抜くケースが多い)が必要となるケースであっても、子どものときから矯正治療を始めるとあごの成長をコントロールできるため、抜歯をせずに矯正治療をすることができます。

メリット3.顔や身体のゆがみを防ぐ事ができる

咬み合わせが原因で顎関節に負担がかかったり、姿勢が悪くなったりする事があります。
子どもは骨の成長過程にあるため、その様な状態にあると左右のあごの骨の長さが違い、顔がゆがんでしまったり、身体もゆがんで成長してしまったりします。
骨の成長過程で咬み合わせを改善する事でこの様な事を防ぐ事ができます。

メリット4.費用が安くなる

子どもの頃から早期に検診し、早期に治療を行うことで、大人になってからの本格的な矯正をしなくて済む場合もあり、費用は半分で済みます。
大人になってからの歯に対しての悩みは非常に深く、複雑化してしまうことで治療期間もかかる上、仕事のため治療時間を取ることも難しくなってくるので、時間の余裕があり費用も抑えられる子どもの頃に矯正治療を行うことをオススメします。

歯並びや噛み合わせが悪くなる原因

歯並びや噛み合わせが悪くなる原因は複数存在し、遺伝等の先天的なものも中にはありますが、子どもがよく行うクセから歯並びや噛み合わせが悪くなる場合もあります。

  • 口呼吸
    口呼吸には前歯の咬み合わせに問題があり、口が閉じづらく、常に口が開いているため口呼吸になっている場合と鼻腔通気が悪いため口呼吸になっている場合があります。
  • 指しゃぶり
     
  • 下唇を咬むくせがある
     
  • 頬杖をつく
     
  • うつぶせ寝
     
  • 舌を前歯に押し付けて飲み込むくせがある
     
  • 横にあるテレビを見ながらの食事
     
  • 虫歯等の原因で早く歯が抜ける
     
  • 永く乳歯が残っている
     
  • しっかり咬まずに飲み込む
     

歯並びや噛み合わせが悪いデメリット

歯並びや噛み合わせが悪いデメリット

歯並びや噛み合わせが悪いことはもちろん見た目にも影響しますが、他にも様々なところで悪影響を及ぼします。
大きなところで4つ挙げることができます。

デメリット1.虫歯や歯周病になりやすい

歯並びや噛み合わせが悪いことで歯磨きをしても歯ブラシが全域に行き届きにくく、虫歯になりやすくなります。磨き残した歯垢や歯石が、歯周病の原因にもなります。

デメリット2.正常なあごや顔の成長発育を妨げる

歯並びや咬み合わせが悪いと本来あるべき位置に顎が戻らなくなり、顎の関節に負担がかかります。
このような状態が続くと左右の顎の成長に差異が生じる事によって顔がゆがんできたり、顎関節症になりやすくなったりします。
そうなると見た目にも機能的にも問題が起こりますので、やはり早めに対応を取ったほうが良いと考えられます。

デメリット3.正しい発音ができなくなる

歯並びや咬み合わせが悪い場合、息が歯の間から漏れてしまう事があるので、滑舌や発音が悪くなる場合があります。特にサ行・タ行・ラ行の発音に苦労する場合が多く見受けられます。
滑舌や発音の悪さは人と話すことに苦手意識を感じ、人間関係を恐れるようになるという可能性がありますので、早めの治療を行うことが良いと考えられます。

デメリット4.睡眠の質が悪くなる

口呼吸になると、上顎の狭窄が起こり、鼻腔通気に問題が起こる事によって、睡眠の質も非常に悪くなります。
最近は子どもの睡眠時無呼吸症も増えていると言われています。
アデノイド肥大等の原因もありますが、上顎が狭窄していると下顎の歯の倒れ込みや、下顎の後退が起こり、いびきをかきやすくなります。睡眠は子どもにとって、食事と同じ位重要です。それは、身体や脳の成長発育にとても影響するからです。

矯正をしないためには

矯正をしないためには

矯正治療が必要なのは、咬み合わせが悪いことや歯並びが悪いことが、「虫歯や歯周病になりやすい」「発音がうまくできない」「コンプレックスになる」ことを引き起こすからです。

もちろん大人になってからでも矯正治療は可能ですが、子どものうちに治療をすれば、抜歯をせずに済んだり、顔のゆがみを防げたりとメリットがたくさんあります。

そもそも歯並びや咬み合わせが良ければ矯正治療の必要は無く、矯正治療に費用や時間を費やさなくてすむのです。
ここではどうすれば矯正治療を受けなくてすむような歯になるのかを説明していきたいと思います。

歯並びや咬み合わせが悪くなる原因は遺伝的なこともありますが、それ以外では“咬む”ことがとても影響を与えます。綺麗な歯並びにはあごの成長が必要不可欠です
近年の子どもはあごが小さい子が多いのですが、これは「咬むことが不足している」ということが挙げられます。やわらかいものや食べやすいものが増えた現代では、子どもの咬む回数は戦前の子どもと比べると半分以下になってしまっているという研究結果もあります。

「食育」とういう言葉が一般的になって久しいですが、現在の食育は「咬むこと」の比重が少ないように思われます。「矯正治療をしないため」だけではなく健康的な生活を送るためにも咬むことをお子様をお持ちのご両親には意識していただきたいと思います。

また、鼻炎等で口呼吸している場合も必ず歯並びに影響します。それは、口で呼吸する事により舌の使い方に問題が生じるからです。いつも口をポカーンと開けていないか、お子様をよく観察してみてください。

お父さんお母さんの治療中の役割

お父さんお母さんの治療中の役割

小児矯正はお子様にとって不安を抱えるものです。歯医者さんに行くことですら不安を覚えるにもかかわらず、場合によっては痛みをともなう矯正装置を口の中に入れて生活するというのは、私たち大人が想像する以上にお子様は不安に思っています。

私たちスタッフも最前の努力はいたしますが、お父さんお母さんのご協力なしには無事に矯正治療を終了させることはできません。ご協力いただくことで大きなところとしては2つあります。それは「歯磨き」と「よく咬んで食べる」ということです

歯磨き

「歯磨き」はお父さんお母さんが正しい歯磨きのやり方を理解していただいて、矯正治療中に虫歯を作らないようにしっかりとお子様が歯磨きをしているのかを観察していただきたいと思います。
低年齢のお子様には歯の裏や歯の奥などはお父さんお母さん自らが磨いてあげることも必要です。

よく咬んで食べる

「よく咬んで食べる」というのは、お子様が食事のときしっかりと咬んで飲み込んでいるかを観察していただくことと、矯正治療中、痛みがある場合は別ですが、痛みが無い時はしっかりと咬んで食べなければならないものを献立に加えていただくということです。
歯並びの悪さや咬み合わせの悪さは、よく咬んでないことが原因として考えられるので、矯正治療中にしっかりとお子様には咬む習慣を身に付けていただきたいと考えています。そのためにはお父さんお母さんのご協力が必要不可欠なのです。

矯正中の歯磨き

矯正中の歯磨き

矯正装置をつけていると食べたものが挟まりやすく、また装置をつけていないときよりも正確に磨くのが難しくなります。大人でも磨き残しが頻繁に起こることなので、お子様が正確に磨くというのは至難の業と言えるでしょう。

ここでは正しい矯正中の歯磨きのやり方の3つのポイントをご紹介します。

Point1.歯磨きの順番を決める

特にどこからが良いとういのはありませんが、ランダムに適当に磨いていると磨き忘れが起こりやすくなります。例えば左上の奥歯の表側からそのまま右側の奥歯まで順番に磨いていき、下の歯も同様に磨きます。その後同じ要領で裏側も磨いていくというような順番です。初めのうちはご両親がしっかり見ながら行うと良いでしょう。

Point2.鏡を見ながら磨く

鏡を見ないで磨くと意外に歯ブラシが歯に正確に当たってないことがあります。
鏡を見て、歯ブラシが歯に正確に当たっていることを確認しながら磨くと、しっかりと歯を磨くことができます。

Point3.ご両親のどちらかが最後に仕上げで磨いてあげる

子どもだけで正確に歯磨きをするというのは、大人の想像以上に難しいことです。ですので、お子様が磨き終わったら最後のチェックの意味合いも兼ねてお父さんお母さん自ら磨いてあげるということが非常に効果的です。

これら3つを行うことで矯正治療中でも正確に歯磨きをすることができ、虫歯を作ること無く矯正治療を進めることができます。

矯正治療中に虫歯を作ってしまうと、一時矯正治療を中断し、虫歯の治療をしないといけなくなってしまうため矯正治療の遅れにもつながります。
矯正治療中にしっかりと歯磨きの習慣が身に付くことで、治療が終了した後も歯の健康を維持することに役立つと思います。

矯正装置の紹介

拡大装置(上顎用)

拡大装置(上顎用)

上顎の主に前方部を拡大する装置です。
前方部のスペースが足りない時に使用します。

拡大装置(上顎用)

拡大装置(上顎用)

上顎を側方に拡大する事によって永久歯が萌えるスペースを作っていきます。

リンガルアーチ(下顎用)

リンガルアーチ(下顎用)

下顎を前方や側方に拡大する事で歯が入るスペースを作ります。

F.K.O

F.K.O

下顎が小さく、出っ歯がかなり残っている様であれば、下顎を前方に誘導して下顎の成長を促します。

小児矯正Q&A

  • Q.

    痛みはありますか?

    A.

    治療に関する痛みは個人差がありますが、一般的には矯正装置をつけてから2〜3日は慣れないこともあり、痛みをともなうことがあります。しかし、その痛みは一過性のもので、痛みで矯正治療を断念された方は今までいらっしゃいませんので安心して矯正治療をお受けください。

  • Q.

    治療期間はどのくらいですか?

    A.

    子どもの矯正治療は一期治療、二期治療と分かれており、一期治療では乳歯が永久歯に萌えかわる時きちんと萌える事ができる様、骨の拡大や顎の成長のコントロール等、土台作りをするのが主な治療となります。

    この一期治療を終了してもまだ咬み合わせ等に問題が残っていれば、二期治療に進む流れになります。

     

    一期治療の終了時期は6歳臼歯より前の歯が全て永久歯に萌え変わるまでで、二期治療は全て永久歯に萌えかわってからのスタートとなり、全ての歯に装置をつけてワイヤーで動かしていく大人の治療と同じものになります。

    個人個人で歯の萌えかわる時期も違いますし、何歳で治療を始めるか、また、二期治療まで進むのかどうか等によっても治療期間は違ってきますのでカウンセリングの際、ご説明させて頂きます。

  • Q.

    虫歯になりやすいと聞いたのですが?

    A.

    確かに矯正装置をつけている間は食べたものが挟まりやすい状態になるので、普段よりもていねいに歯磨きをしていただく必要があります。

     

    ひめの矯正歯科ではお子様とご両親にしっかりと歯磨きの仕方や、矯正治療中のホームケア等をお教えいたしますので、虫歯になることはほぼ無いと考えています。

  • Q.

    食事は普段どおりでいいのですか?

    A.

    矯正装置をつけている間は極端に硬い食べ物やもちやキャラメルのような粘着性のある食べ物は控えていただくことがあります。このような食事に関することは、その都度スタッフがご説明いたしますのでご安心ください。

  • Q.

    矯正治療は大人になってからもできますか?

    A.

    もちろん可能です。お子様の歯の状態やあごの成長によっては、ある程度大人になってからでもよい場合もありますので、ご来院いただいてから状態をみて、治療の方向性をご相談させていただきます。

  • Q.

    治療後、歯が戻ってしまうことはありますか?

    A.

    矯正治療後、歯が戻ってしまう可能性は何歳で治療を始めても起こり得る事です。一般的に早い段階で矯正治療を始めたほうが戻りにくいと言われていますが、歯を動かし終わって、数年間は安定させるための期間が必要ですので定期的にチェックのための通院が必要となります。

     

    歯の後戻りが起こる原因として、

    保定治療中、後戻りを防ぐために使用しなければならない装置を使わなかった。

    抜歯しなければならない状態の親知らずの抜歯をしていなかった。

    舌の使い方に問題があるのに、しっかりトレーニングをしていなかった。

    保定治療中、決められた日に通院しなかった。

    などがあります。

まずは無料カウンセリング予約

初回1時間
カウンセリング
無料

当院のカウンセリングはレントゲンの撮影も無料!!
小児矯正のことでお悩みならまずは1時間無料予約へ。

※初回1時間
 のみ無料

初回1時間カウンセリング無料

初回1時間カウンセリング無料

親御様も安心の
治療費定額制

  • 初診料
    0
  • 毎月の
    調整料
    0
  • 補定
    管理料
    0

初回1時間カウンセリング無料

PAGE TOP