福岡市天神で子供の矯正治療 小児矯正

運営
ひめの矯正歯科「西鉄福岡駅」・地下鉄 「天神」駅 徒歩5分

無料カウンセリング
予約

0120-878-978

受付時間
10:00~19:00
休診日
毎週木曜日・第1,3日曜日

お子様の歯並びはどれですか?

お子様の歯並びはどれですか?

お子様の歯並びはどれですか?

どんな歯に矯正治療が必要ですか?

矯正治療が必要な歯の状態は複数挙げることができますが、代表的な6つの状態を見ていきましょう。

八重歯

八重歯

八重歯とは、犬歯が歯茎の上の方から出てきている状態です。

原因としては遺伝的要因が大きいともいわれ、アゴの骨の成長遅れや、乳歯が遅くまで抜けずに残っていることなどが原因です。

犬歯は、歯の中でも最も長く、噛み合わせにとってとても重要な歯です。この犬歯が八重歯という状態で噛み合わせに参加できないと、ほかの歯に負担がかかり、将来歯を失う可能性が高くなります。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

一般的には「出っ歯」と呼ばれる状態がこれにあたります。

このようになる原因は、指しゃぶりや下唇を噛むこと、また舌の悪い癖など、日常生活の癖にある場合がありますが、下あごの成長が十分でない場合も多々あります。

クセの場合は矯正治療とともにクセを無くさせるようにします。

受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)

一般的には「しゃくれ」と呼ばれる状態がこれにあたります。

このようになる原因は遺伝的な要因、もしくは下あごの成長が強いという場合が挙げられます。

歯並びの中でも治療するのに時間を要するので、大人になってから治療を行うよりも、子どものころにしっかりと治療を行うのが良いと考えられます。

すきっ歯

すきっ歯

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間が空いている状態です。

このようになる原因は、舌で歯を前に押し出す習慣があるなど、日常生活のクセの場合がありますが、歯の大きさに比べてあごが大きいなど、先天的な場合もあります。

すきっ歯は歯と歯の隙間に食べ物のカスがはさまりやすいため、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

開咬(前歯で噛めなくなること)

開咬(前歯で噛めなくなること)

奥歯は噛んでいるのに、前歯が開いてしまっている状態です。

このようになってしまう原因としては、しっかり噛んで食事をしないことで、あごの筋肉や骨が成長せず、あごの大きさと歯の大きさのアンバランスが生じるためです。

前歯で噛むことが出来ないので、食べ物が噛み切れなかったり、発音に影響します。

叢生(前歯のデコボコ、乱杭歯)

叢生(前歯のデコボコ、乱杭歯)

歯がデコボコの状態、特に前歯がデコボコの状態になっているのはこれにあたります。

原因としては硬いものを噛まないことであごの筋肉が成長せず、あごの大きさと歯の大きさが合わなくなることが挙げられます。

永久歯が生えそろった状態であると抜歯の必要性が出てきますので、少しでも気になった段階でご相談いただければ抜歯をともなうことなく、矯正治療を行うことが可能になります。

子どもの歯並びチェック

「自分の子どもは大丈夫?」と心配のご両親の方々、以下のチェック項目でセルフチェックをしてみましょう!1つでも該当するものがあり、見た目にも違和感を覚えるような状態であれば、矯正治療を受けたほうがよいかもしれません。一度ご連絡頂ければご相談させていただきます。

  • 上の前歯が前に出て「出っ歯」の状態になっている
  • 下あごが大きく「しゃくれ」の状態になっている
  • 奥歯を咬み合わせても前歯が咬み合わず上下の歯にすき間ができている
  • 歯がデコボコにはえている
  • 外見からでも口元がかなり出ていて、口が閉じづらい
  • 咬み合わせたときに下の前歯の方が上の前歯より前に出ている
  • 咬み合わせたときに左右のどちらかの歯が横にずれている
  • 上下の前歯がまっすぐに生え、先端が合わさっている
  • 乳歯が抜けた後の永久歯がなかなか萌えてこない

いかがだったでしょうか?少しでも気になることがあれば、お気軽にご連絡ください。
お子様の歯の矯正はできるだけ早い段階で行ったほうが良い場合もありますので、お気軽にご相談ください。

まずは無料カウンセリング予約

初回1時間
カウンセリング
無料

当院のカウンセリングはレントゲンの撮影も無料!!
小児矯正のことでお悩みならまずは1時間無料予約へ。

※初回1時間
 のみ無料

初回1時間カウンセリング無料

初回1時間カウンセリング無料

親御様も安心の
治療費定額制

  • 初診料
    0
  • 毎月の
    調整料
    0
  • 補定
    管理料
    0

初回1時間カウンセリング無料

PAGE TOP